×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スーパーラジコン エアロアールシー
スーパーラジコンのエアロアールシーをご存知でしょうか。
スーパーラジコンのエアロアールシーについて詳しく紹介します。



エアロアールシーとは
エアロアールシーはタカラトミーから発売されているラジコンカー。エアロアールシーは200412月に発売。エアロアールシーはシャーシ、コントローラーを全車共通にしたり、各部の構造を簡略化することでコストダウンを図っている。

これにより、エアロアールシーは定価
1000円という、ラジコンカーとしては異例の低価格を実現している。また、エアロアールシーは車両をカスタマイズするという楽しみも魅力である。エアロアールシーのホイールやモーターなどのカスタムパーツも発売しており、また、一部の車種にはエアロパーツも用意されている。エアロアールシーの車種は、主に売れ筋の国産車やスポーツカーが製品化されている。

2006
年には公式ガイドブックも発売された。ラインナップは主に普通車両(エスティマ、フェアレディZなど)だが、RX-8パトカーも販売されている。エアロアールシーだがドリフトパッケージの発売も予定されている。 値段は3000¥ほどに上がり、電池の量も増えるようだ。エアロアールシーが子供の小遣い程度で購入できた物も¥3000となれば考えようがある
トミ−エアロアールシー 13BK マツダRX-8





タカラトミーの歴史

タカラトミーの概要。200631日に大手玩具メーカーである、タカラとトミーが合併することによってタカラトミーが誕生した。この時期、バンダイが大手ゲームメーカーのナムコと経営統合するなど業界の再編が進んでいたが、タカラトミーはタカラがチョロQ実車化の事業失敗で廃業倒産寸前になるところ、トミーが救いの手を差し伸べる形で誕生した。

トミーはバブル崩壊後、自社ブランドによるヒット商品になかなか恵まれず停滞気味で業績が悪化し、会社が傾いて経営危機に陥ったが、ファービーとポケモン関連商品のヒット、リストラなど事業の縮小で乗り切った。一方のタカラはトミーと違い、ブームになったヒット商品を繰り出してきたが、ブーム終了後の反動で過剰な在庫を抱えることが多発した。

もっともこの合併は決して平坦ではなく、一時は物別れになりそうなところをインデックス(当時)の落合正美が間に入ってタカラトミーの合併にこぎつけた経緯があった。このタカラトミーの合併によって玩具分野では業界首位の売上げを誇り、ゲームを含めた分野で見ても上位に入る国内屈指の玩具メーカーとなる。

とは言え、タカラトミーの合併に伴う事業の整理や負債の解消などの課題点も少なくない。このタカラトミーの合併によってこれまでの両社の持っていた資産を活用した新商品が開発・発売されるだけでなく、筆頭株主であるインデックス・ホールディングスおよびその関連会社やタカラトミーのグループ会社との間でのコンテンツや版権ビジネスの相互活用を図るものと思われる。しかし、キャラクターコンテンツ産業については先代のトミー社長(富山允就)の方針もあり、ほぼ無関心で手を出そうとしなかった。

キャラクターの人気を利用したやり方を否定し、あくまでも玩具の出来あいで勝負という職人気質に近い持論を持っていたからである。ところが近年、玩具業界ではコンテンツ産業やキャラクタービジネスが重要視されるようになり、タカラトミーはこの分野に遅れをとっていたのでキャラクターに力を入れ始め、フィギュアや抱き枕などを作るようになった。




エアロアールシー改造(ラジコン)


スーパーラジコン 
スーパーラジコンの魅力
スーパーラジコン 
ランボルギーニ・ガヤルド
スーパーラジコン 
ヘリコプター
スーパーラジコン 
エアロアールシー
スーパーラジコン 
スーパーラジコンの楽しみ方
スーパーラジコン 
ホンダ・フィット
スーパーラジコン 
コンコルド
スーパーラジコン 
戦艦大和





Copyright(C) スーパーラジコン エアロアールシー All rights reserved